豪ドル見通し一覧

賃金上昇率が伸びず、失業率と不完全雇用が増加

賃金上昇率はわずか2.2% オーストラリアの失業率の失業率は 5.3%へと悪化しました。 労働参加率は66.1%に上昇し、より多くの人々が仕事の探しを始めたので失業率が上昇しました。 これは雇用が縮小されたのではなく、仕事を探す人が増加し完全失業率が上昇したためです。

記事を読む

豪失業率5.1%への低下は所得を減少させた

企業が支払う賃金を削り低所得の労働を確保している悪循環が見られます。 現状のオーストラリア雇用市場は所得を減少させて、多くの労働を確保するといったデフレ型の労働環境なんですね。

記事を読む

新規雇用者数は大きく増加し先月の失業分を補う

2020年は2019年よりも労働市場は悪化する傾向が強い 現状オーストラリアの雇用環境は2019年に入り経済成長の減速にともない苦戦し、低い賃金上昇率となっています。

記事を読む

RBAは2020年2月に利下げに踏み込む可能性が高くなった

豪準備銀行(RBA)が12月の金融制策で話し合われた内容で、早ければ 2020年2月に政策金利引き下げに踏み切る可能性が高くなってきました。

記事を読む

のびなやむ豪小売売上高

RBA「やがて家計支出も押し上げられる」期待から政策金利引き下げを延期していますが今回発表された豪GDPと豪小売売上高はさらなる新規雇用の悪化や家計消費の縮小傾向の先行きを示すため、利下げ圧力が強まっています。

記事を読む

過去最低レベルに転落した豪消費者支出

豪第3四半期GDP:1.7% となりました。 2.0%に達することも無く、2011年第2四半期以来の低水準です。 オーストラリア人経済は2009年の金融危機以来、消費者支出がその最低レベルまで転落し、逆に家計の貯蓄が急増しています。

記事を読む

豪準備銀は利下げを検討したが見送った

RBA(豪準備銀行)は11月5日の金融制策会議で利下げをすることもできたが、最も適切なアプローチは、現在の経済状況を維持しつつ

記事を読む