トルコリラ一覧

トルコリラ

トルコリラ政策金利引き下げと長期トレンド予想

今後もトルコ中央銀行が政策金利を引き下げ続けると、トルコのインフレ率は上昇しトルコの貨幣価値は下落するため、リラは下落します。 そうすると、トルコ企業とトルコ金融機関は海外から外貨を借り入れているため、リラの下落は海外への返済額は増加となり、トルコ経済の大きなダメージを受けて再度トルコリラを売る警戒感が高くなってくるのは時間の問題となりそうですね。

記事を読む

トルコ消費者物価指数(CPI)[2020年2月4日]

トルコ中央銀行が2019年7月から政策金利を引き下げてから3ヶ月後の2019年10から消費者物価指数上昇へと転じています。

記事を読む

トルコリラ下落スパイラルと債務の増加

米ドルに対しては10年以上下落を続けているので、米ドルに対して下落した変動率分の返済額が増加しています。 当然ですが、このような状況ではトルコリラは売られやすく、さらに対外債務が増加する下落スパイラルに突入しているといっていいでしょう。

記事を読む

IMF世界経済成長率を引き下げ、新興国の成長率を引き上げる

中国やインド、メキシコなど新興国の発展が続くことが非常に重要なことです。 金額ではなく、伸び率と %(変化率) 値が重要なので、これからも新興国通貨への注目度は高まる一方となりそうですね。

記事を読む

トルコ政策金利が0.75%引き下げられる

ここで重要なことは、今回の政策金利引き下げでトルコの実質金利はマイナスへと転落したため、2020年の利下げは小幅になると予想されますね。11.25%(政策金利)ー 11.84(消費者物価指数)=マイナス0.59% 参考:政策金利から消費者物価(前年比)を差し引いて数値

記事を読む

トルコ将来金利が大幅にダウン

外貨準備金残高は、リラが急落した 2018年8月の水準よりも少なく、トルコ当局が急激な為替相場の変動制御(為替介入)が出来なくなることや、外貨建債務(特に米ドル)の返済が困難になるため、トルコリラは下落しやすい環境下にあるんでしょうね。

記事を読む

米ドル・ランド・リラ 予想トレンド[2019年11月11日]

米ドル:中立 ~ 下落 ランド:中立 下落へ リラ :中立 下落へ [ 短期:変動幅 ] 米ドル:変動幅  0.25 ~ 0.35 ランド:変動幅  0.08 ~ 0.10 リラ :変動幅  0.10 ~ 0.15

記事を読む