トルコリラ一覧

トルコリラ

IMF世界経済成長率を引き下げ、新興国の成長率を引き上げる

中国やインド、メキシコなど新興国の発展が続くことが非常に重要なことです。 金額ではなく、伸び率と %(変化率) 値が重要なので、これからも新興国通貨への注目度は高まる一方となりそうですね。

記事を読む

トルコ政策金利が0.75%引き下げられる

ここで重要なことは、今回の政策金利引き下げでトルコの実質金利はマイナスへと転落したため、2020年の利下げは小幅になると予想されますね。11.25%(政策金利)ー 11.84(消費者物価指数)=マイナス0.59% 参考:政策金利から消費者物価(前年比)を差し引いて数値

記事を読む

トルコ将来金利が大幅にダウン

外貨準備金残高は、リラが急落した 2018年8月の水準よりも少なく、トルコ当局が急激な為替相場の変動制御(為替介入)が出来なくなることや、外貨建債務(特に米ドル)の返済が困難になるため、トルコリラは下落しやすい環境下にあるんでしょうね。

記事を読む

米ドル・ランド・リラ 予想トレンド[2019年11月11日]

米ドル:中立 ~ 下落 ランド:中立 下落へ リラ :中立 下落へ [ 短期:変動幅 ] 米ドル:変動幅  0.25 ~ 0.35 ランド:変動幅  0.08 ~ 0.10 リラ :変動幅  0.10 ~ 0.15

記事を読む

SDR(特別引き出し権)をわかりやすく解説

SDRはIMFが通貨危機などに備えてIMF加盟国に配分する通貨の使用権利です。 これは、資本収支の危機(海外からの借入超過で借入返済ができな)に陥った国が、海外からから(米ドル/ユーロ/人民元/円など主要通貨)を借入て、SDRにより配分されていた権利と交換することで、容易に海外からの借入返済に対して対応することができる金融システムです。

記事を読む

米利下げは新興国通貨の上昇をサポート

アメリカの経済指標が新興国通貨(トルコリラ・南アフリカランド)には極めて重要な週になりつつあって、今週アメリカでは、FOMC(米連邦公開市場委員会)政策金利、全米雇用統計の発表が予定されいるので米ドルに対する新興国通貨の値動きが円にも波及するので重要な1週間になるのではないでしょうか。

記事を読む

トルコ民間対外債務が減少

アメリカもこの点は承知しトルコへの貸出から利息を得ているためトルコに対して強い経済制裁を課すことができないのです。 民間部門の総借入残高(短期ローン・長期ローン)は、過去1年で 543億ドル元本が返済をされたのでトルコ経済とトルコリラには明るい側面があのではないでしょうか

記事を読む