米経済指標一覧

米雇用者数が減少したため賃金の伸びは縮小

失業率と所得の関係 実のところアメリカの労働市場は不健全な状態で賃金の要素は非常に重要です。 失業率は所得が上昇しなければ大幅に低下することはないんです。

記事を読む

米利下げがキャリートレードを活発化させる

円は日本長期国債利回りがマイナス利回りとなっているため金利差を活かしたキャリートレードの対象になっています。 米ドルの金利が引き下げらても、なお日本がマイナス金利であるため米ドル上昇しています。 金利差の効果はバツグンですね。

記事を読む

米雇用統計は軟化した

メディアではアメリカ「失業率は安定」であると報道しているようですが、実際のとことは 米第3四半期GDPは 減速を続け、設備投資と個人消費が弱く、新規雇用者数の減少は個人所得を減少から個人消費が弱いことと一致し、FRB(米連邦準備制度理事会)が政策金利を引き下げていることからも、雇用の不安定から個人消費の悪化を前月から織り込んでいたんでしょうね。

記事を読む

米GDP減速続く

2018年第2四半期は米中貿易摩擦が始まる前の期間で、追加関税第1弾は 2018年7月から始まり、この貿易摩擦の影響から米GDPは 一時期をのぞき減速し続けています。 本日、FRB(米連邦準備制度理事会)は、今回のGDP悪化の対策として利下げを検討する可能性が高くなりそうです。

記事を読む

米第2四半期GDP 2.1%へ減速[2019年7月26日]

米第4四半期GDP [2019年4月期~6月期] [ 前年比 ]  +2.1%   評価:ネガティブ  (前回数値:+3.1%  ...

記事を読む

米雇用統計:2019年3月期[2019年4月5日]

米雇用統計:2019年3月期 [ 非農業部門雇用者数 ]  ・+19.6万人  ・評価:ポジティブ  (前回数値:+2.0...

記事を読む

FRB 金利変更を急がず(利上げ停止) 2019年3月12日

FRB 金利変更を急がず(利上げ停止) パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長は、政策金利の変更を「急ぐいかなる必要性も感じていな...

記事を読む