中国一覧

IMF世界経済成長率を引き下げ、新興国の成長率を引き上げる

中国やインド、メキシコなど新興国の発展が続くことが非常に重要なことです。 金額ではなく、伸び率と %(変化率) 値が重要なので、これからも新興国通貨への注目度は高まる一方となりそうですね。

記事を読む

「第1段階」貿易協定と新興国通貨

新興国通貨はダメージを受けた世界経済が成長へと向かう観測から資源を持つ新興国通貨は上昇傾向にあります。世界経済が成長すると資源を消費するからですね。 日本は天然資源を待たない国になので、円が買われる要素は見当たらないといった状況でしょう。

記事を読む

中国の為替操作国認定が解除される

アメリカは貿易協定「第1段階」貿易協定(追加関税回避)をする前に、中国の人民元切り下げ操作の指定を取り下げました。

記事を読む

米中通商協議「第1段階」締結へ

米国と中国は 米中通商会議にて「第1段階」を双方で締結し、12月15日に発動予定の追加関税が回避されました。 合意には中国が米農産物の輸入を500億ドル相当を輸入することが盛り込まれているもようです。

記事を読む

中国消費者物価指数上昇[2019年12月10日]

中国消費者物価指数は 4.5%上昇したのですが、豚肉価格の上昇によるもので、実際の需要を示す食品とエネルギーを除外したコアインフレ率(コアCPI)は 1.4%と低く、今後大幅な国内消費は見込めないと予想されます。

記事を読む

中国製造業PMI 2019年11月期[2019年12月2日]

景気を判断する中間値 50.0ポイント、前回数値 / 事前予想を上回る予想外の良い数値 中国国内の基礎的需要(内需)が上昇している反面、輸出/輸入は米中貿易摩擦の影響が響き、中間点50.0ポイントを下回っています。 中国政府の景気刺激策が国内消費に反応し、国内消費が上向き中国国内向けの新規受注や生産が上向いています。 

記事を読む

打ち砕かれた米中貿易紛争の早期解決

いつものことなんですが進展があった・建設的な会話が出来た・合意に近づいたなどのトランプ氏発言は一度も実現したことがないんです。 言い分を変えるのは毎回のことで金融市場も大きな反応はせずですね。

記事を読む