主要金融市場一覧

IMF世界経済成長率を引き下げ、新興国の成長率を引き上げる

中国やインド、メキシコなど新興国の発展が続くことが非常に重要なことです。 金額ではなく、伸び率と %(変化率) 値が重要なので、これからも新興国通貨への注目度は高まる一方となりそうですね。

記事を読む

「第1段階」貿易協定と新興国通貨

新興国通貨はダメージを受けた世界経済が成長へと向かう観測から資源を持つ新興国通貨は上昇傾向にあります。世界経済が成長すると資源を消費するからですね。 日本は天然資源を待たない国になので、円が買われる要素は見当たらないといった状況でしょう。

記事を読む

中国の為替操作国認定が解除される

アメリカは貿易協定「第1段階」貿易協定(追加関税回避)をする前に、中国の人民元切り下げ操作の指定を取り下げました。

記事を読む

米雇用者数が減少したため賃金の伸びは縮小

失業率と所得の関係 実のところアメリカの労働市場は不健全な状態で賃金の要素は非常に重要です。 失業率は所得が上昇しなければ大幅に低下することはないんです。

記事を読む

市場動向[2020年1月9日]

トランプ氏はイランの攻撃で米死者は出ず、 「イランは身を引いているようだ」 「軍事力は行使しない」 「イランは攻撃を終えた、世界には良いことだ」

記事を読む

市場動向[2020年1月8日]

イラン革命防衛隊がアメリカ軍とイラク軍が利用しているイラクの空軍基地2ヶ所に数以上のロケット弾を発射し着弾しました。 2020年2日に、イランのソレイマニ司令官殺害された報復としてロケット弾を発射を表明しています。

記事を読む

イランとアメリカの関係悪化長期化へ

ソレイマニ司令官殺害に関してイラン側からの報復へと引きずり込み、「大規模な軍事行でイランの原油確保」と「戦争の英雄」といった大統領再選に向けたプロパガンダを作る意図が見え隠れしています。

記事を読む