ピックアップ一覧

IMF世界経済成長率を引き下げ、新興国の成長率を引き上げる

中国やインド、メキシコなど新興国の発展が続くことが非常に重要なことです。 金額ではなく、伸び率と %(変化率) 値が重要なので、これからも新興国通貨への注目度は高まる一方となりそうですね。

記事を読む

「第1段階」貿易協定と新興国通貨

新興国通貨はダメージを受けた世界経済が成長へと向かう観測から資源を持つ新興国通貨は上昇傾向にあります。世界経済が成長すると資源を消費するからですね。 日本は天然資源を待たない国になので、円が買われる要素は見当たらないといった状況でしょう。

記事を読む

中国の為替操作国認定が解除される

アメリカは貿易協定「第1段階」貿易協定(追加関税回避)をする前に、中国の人民元切り下げ操作の指定を取り下げました。

記事を読む

イランとアメリカの関係悪化長期化へ

ソレイマニ司令官殺害に関してイラン側からの報復へと引きずり込み、「大規模な軍事行でイランの原油確保」と「戦争の英雄」といった大統領再選に向けたプロパガンダを作る意図が見え隠れしています。

記事を読む

2020年後半から危険シグナル点灯を警戒

2020年後半は2019年8月に発生した、アメリカで逆イールドカーブ発生してから1年と2ヶ月~4ヶ月となります。 過去の数値から、アメリカでは、1988年以降3度、逆イールドが発生し、1年~2年の間に景気が後退しています。

記事を読む

トルコ将来金利が大幅にダウン

外貨準備金残高は、リラが急落した 2018年8月の水準よりも少なく、トルコ当局が急激な為替相場の変動制御(為替介入)が出来なくなることや、外貨建債務(特に米ドル)の返済が困難になるため、トルコリラは下落しやすい環境下にあるんでしょうね。

記事を読む

RBAは2020年2月に利下げに踏み込む可能性が高くなった

豪準備銀行(RBA)が12月の金融制策で話し合われた内容で、早ければ 2020年2月に政策金利引き下げに踏み切る可能性が高くなってきました。

記事を読む