シェアする

豪ドル週間見通し [2019年12月第4週~2020年1月第1週]

シェアする

カテゴリ

豪ドル週間見通し [2019年12月第4週~2020年1月第1週]
  • 豪ドルは、サポートライン(C)を安定して超え始めました。
    2018年1月から約2年続いた下落トレンドから中立トレンドへと転換する可能性が始まるかもしれません。
    今後は一時的な下落が発生した時に新たなサポートラインが形成されると中立トレンドが形成せれることになります。

[今週の週間予想レンジ]

週間の予想変動幅(ボラティリティ)は約 0.85円 〜 1.05円
先週の終値 約 76.50円に対して  約 0.85円 〜 1.05円の範囲内で上・下する状況です。

  • 約 76.50円 + 約 0.85円 ~ 1.05円 = 約 77.35円 ~ 77.55円(最大上限値)
  • 約 76.50円 - 約 0.85円 〜 1.05円 = 約 75.65円 ~ 75.45円(最大下限値)

※ 値動きが進んだ方向(トレンド)と [週間レンジ]の上限値・下限値の予想変動率(ボラティリティ)までの値とを重ね合わせて、ポジションを調整していきます。

今週の主なスケジュール

12月30日(月)
(米) シカゴ購買部協会景気指数
(米) 住宅販売保留指数

12月31日(火)
(中) 製造業PMI
(米) ケース・シラー米住宅価格指数
(米) 住宅価格指数
(米) 消費者信頼感指数

1月1日(水)
※ 全ての市場は休場

1月2日(木)
(中) Caixin製造PMI
(トルコ) 消費者物価指数(CPI)
(トルコ) 製造業PMI

1月3日(金)
(米) ISM製造業景況指数
(米) FOMC(米連邦公開市場委員会)議事録趣旨 公表

(豪) = オーストラリア (NZ) = ニュージーランド (南ア) = 南アフリカ (米) = アメリカ (欧) = ユーロ圏 (トルコ) = トルコ (日) = 日本