シェアする

豪ドル週間見通し [2019年12月第3週]

シェアする

カテゴリ

豪ドル週間見通し [2019年12月第3週]
  • 先週発生した陽線上ひげの範囲内での値動きで終わりをむかえています。(2週連連続でレジスタンスライン(B)に上昇を圧迫中。)
    レジスタンスライン(B)を超えるか大きな争点となります。
    レジスタンスライン(B)を超えきれなければサポートライン(C)を割り込み下落
    へと方向転換する可能性があるので注意が必要となります。
[今週の週間予想レンジ]

週間の予想変動幅(ボラティリティ)は約 0.70円 〜 0.95円
先週の終値 約 75.55円に対して  約 0.70円 〜 0.95円の範囲内で上・下する状況です。

  • 約 75.55円 + 約 0.70円 ~ 0.95円 = 約 76.35円 ~ 76.50円(最大上限値)
  • 約 75.55円 - 約 0.70円 〜 0.95円 = 約 74.85円 ~ 74.60円(最大下限値)

※ 値動きが進んだ方向(トレンド)と [週間レンジ]の上限値・下限値の予想変動率(ボラティリティ)までの値とを重ね合わせて、ポジションを調整していきます。




今週の主なスケジュール

12月23日(月)
(米) 耐久財受注
(米) 新築住宅販売件数

12月24日(火)
(米) リッチモンド連銀製造業指

12月25日(水)
※ 日本市場以外休場

12月26日(木)
※ 日・米以外休場
(トルコ) 景気動向指数

12月27日(金)
(中) 工業利益

(豪) = オーストラリア (NZ) = ニュージーランド (南ア) = 南アフリカ (米) = アメリカ (欧) = ユーロ圏 (トルコ) = トルコ (日) = 日本