シェアする

のびなやむ豪小売売上高

シェアする

カテゴリ

10月豪小売売上高

先日発表された第3四半期豪GDPと同様に豪減税効果や利下げ効果は現れず、消費の支出は増加せず小売売上はのびなやんでいます。

オーストラリアでは個人消費の、伸び悩みが続き経済成長や小売売上高など個人消費が大きく反映される経済セクターは低迷が続いています。

利下げ観測強まる

豪準備銀行(RBA)は政策金利を 6月・7月・10月に3回利下げした影響の確認と「やがて家計支出も押し上げられる」との観測から政策金利を据え置いています。
現状、利下げ効果は現れず、オーストラリア国内の雇用や消費の低迷が長期間続いているため、2020年の第1四半期~第2四半期に向けて相当な利下げ圧力が強まっています。

RBA「やがて家計支出も押し上げられる」期待から政策金利引き下げを延期していますが今回発表された豪GDPと豪小売売上高はさらなる新規雇用の悪化や家計消費の縮小傾向の先行きを示すため、利下げ圧力が強まっています。