シェアする

トルコ民間対外債務が減少

シェアする

カテゴリ

トルコ民間対外債務が減少

トルコの未払いの短期民間対外債務減少しています。
トルコの短期ローンの 72.5%が金融機関の負債で構成されていて、約 51%が米ドル、29.1%がユーロ、19.5%がトルコリラでした。

この民間対外(海外)債務は合計で 1966億ドル 昨年末と比較して 128億ドル億ドル減少しましています。

長期ローンにおいては 約 60.7%が米ドルを占めているので実質的に米ドルがトルコ経済を支配的している状況です。トルコリラで長期ローンの借入比率は 3.9%とトルコの民間部門はトルコリラよりも米ドルを信用しているといった少し不都合ではないかと思います。
アメリカもこの点は承知しトルコへの貸出から利息を得ているためトルコに対して強い経済制裁を課すことができないのです

民間部門の総借入残高(短期ローン・長期ローン)は、過去1年で 543億ドル元本が返済をされたのでトルコ経済とトルコリラには明るい側面があのではないでしょうか