シェアする

市場動向[2019年11月19日]

シェアする




市場動向[2019年11月19日]

NYダウ平均株価が史上最高値を更新しています。
米中両国が貿易協定「第1段階」の一環として互いの商品の関税を段階的に撤回することに、米中の間で「建設的な協議」が行われたとメディアが報じられましたが、実際には米中両国間協議は先行きは不安定で協議合意へ向けて打開策は進んでいないと予想されています。
過去数回の協議も「建設的な協議」があったにも関わらず、追加関税は第4弾まで拡大し、関税比率もアップされています。
いつものことですが、建設的な会話が出来た・合意に近づいたなどのトランプ発言は1度も実現したことがないんです。

トランプ氏は、FRB(米連邦準備制度理事会)議長と会談し「マイナス金利も協議」と発言、米ドルは急落する場面がありました。
一方で、FRBは議長は「マイナス金利についての話は無く、現状の経済状況や貿易摩擦が悪化など、今後の経済見通しに応じて金融制策をする」と、トランプのFRBへの圧力でマイナス金利実施はないと思われます。

本日の予定

(NZ) 第2四半期卸売物価指数
(豪) 豪準備銀行(RBA)金融政策会合議事要旨 公表
(ユーロ) 経常収支
(ユーロ) 建設支出
(米) 住宅着工件数
(米) 建設許可件数