S&P/ASX200と豪ドル 2015年10月27日

S&PASX200 2015年10月27日

■S&P/ASX200指数の動向
  [ S&P/ASX200指数 ]    
  現在値:5348ポイント   
  2015年9月以来の高値を更新しています。    
  ※ オーストラリア株式の市場パフォーマンスを表す指標株価指数である S&P/ASX200指数

 

■S&P/ASX200は、2015年8月24日と9月29日に安値更新して以来ゆるやかに上昇を続けています。
これは、豪ドルの安値と一致しており、オーストラリアの株価を含めて世界の株価の影響を受けていることになります。
注意点としては最近6ヶ月間での値動きとなりますので、5年間などの長期スパンでは一致しません
※ オーストラリア株式の市場パフォーマンスを表す指標株価指数である S&P/ASX数200

 

 

■S&P/ASX200
日/米/欧/豪の低金利政策や日銀やECB(欧州中央銀行)の低金利政策や量的緩和策、市中に膨大に供給された貨幣が株式購入資金となる側面と、供給された貨幣が市中の企業に融資され、企業の収益増加を先行的に期待して株式が買われる大きく 2つの側面があります。
(低金利政策/量的緩和策→市中に→貨幣を供給→世界の株式→買われる)
(RBA→低金利継続→金融市場→低金利で資金→投資量増加/企業への融資増加→株価上昇)

 

 

■一方で、豪準備銀行(RBA)の低金利政策は豪ドルの貨幣価値をさげますので、S&P/ASX200 など長期スパンでの株価上昇に対して通貨の上昇は比例的ではなく、3ヶ月間や6ヶ月間での一致する傾向のもとなります。
(低金利政策→高金利の魅力→低下→通貨価値→下げる : 低金利政策→市中の貨幣量→増加→貨幣量の多い通貨→下落)
(株価→上昇→通貨価値→上昇→3ヶ月~6ヶ月→短期的な側面で一致する傾向)

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す