豪ドル週間予想 2015年10月18日
豪ドル
■豪ドルは、6月24日の高値・8月11日の高値を起点とした、レジスタンスライン(B)まで上昇した後反落して終値をむかえています。レジスタンスライン(B)に沿った下落が続くのか? ライン(B)を越えるのか? が大きな争点となります。 &
豪ドル見通し 2015年10月15日
テクニカル分析
■豪ドルは昨日発表された 中国消費者物価指数【9月】の低下を受けて86円前半まで下落する場面がありました。 更に、米小売売上高【9月】の悪化を受けて日本国債利回りの低下(円への逃避)が進んだため、主要通貨は円に対して上値が重たい展開が続いて
米小売売上高【9月】
主要通貨
[ 前月比 ]  +0.1% (評価:ネガティブ)  (前回数値:+0.0%  事前予想:+0.2%) [ 前月比:除自動車 ]  -0.3% (評価:ネガティブ)  (前回数値:-0.1%  事前予想-0.1%) ※ 米国の個人消費の動向
中国貿易収支【9月】
中国
■中国貿易収支【9月】[ 結果 ] : (+) 603.4億USD  :評価:ポジティブ  (前回値:602億USD  事前予想:482億USD) [ 輸出比率(%) ]:(-)1.1%   :評価:ネガティブ   (前回値:-5.5%)[