OPEC(石油輸出国機構)減産で合意 2016年9月29日

opec2016%e5%b9%b49%e6%9c%8829%e6%97%a5

OPEC(石油輸出国機構)減産で合意へ

OPEC(石油輸出国機構)がOPEC内のソースはグループが11月の次期会合で生産を制限する契約で合意したと述べました。

アルジェリアの首都アルジェで非公式の OPECのミーティング後で、
「11月から、1日あたりの生産量を 3225万バレルへと、約100万バレル生産量を削減するとの合意された」と、OPEC(石油輸出国機構)カタールのエネルギー大臣が声明を発表しました。

 

 

原油産出量原産の影響

原油価格が値上がりすると、低価格により原油生産を減少させていた米国やその他の原油生産量の増加やオーストラリアのLNG(液化天然ガス)など、多くの鉱物資源の価格も上昇し、資源産出国の経済やその他の周辺国の経済も成長します。
これは、安価な原油価格により原油生産を停止したり、代替燃料であるLNGや、連動性の高い鉱物資源価格全ての価格を押し下げているため、多くの資源産出国にはマイナス要因となっていましたが、原油産油国(OPEC)の石油生産削減は多くの代替燃料生産の成長や他の国の石油生産量を増加させるため、世界規模ではプラス要因となります。

OPECの原油の産出量削減は、エネルギー産業、鉱工業、サービス、テクノロジーへと成長が波及し世界経済にも大きなプラス要因となります。

※ 原油国の産出削減は他の代替燃料への転嫁が進むためLNGや他の国に石油生産が増加するため経済成長を発生させます

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す