NYダウ 下落 円高進む 2017年10月26日

NYダウ7週間ぶりの大幅下落 円高進む

[ NYダウ ]
 前日比:23329ドル (112.30ドル下落 )

10月25日NYダウが 112ドル以上下落し、一時190ドル以上下落する場面があり、10月では最大で7週間ぶりの下落幅を更新しています。

 

 

円買い進む

25日のNYダウの7週間ぶりの下落を受けて、主要通貨の特に米ドルを中心に対円で全面安が下落が進んでいます。
NYダウは7カ月ぶり高値水準を更新した後の利益確定売りやダウ構成銘柄の一部の決算が非常に冴えない決算内容が多かったことも売りを加速させた予想されます。

26日のNYダウは25日の始値を超え安定した値動きとなっていますが主要通貨(特に新興国通貨・資源通貨)は昨日の水準を維持し、下げ止まったのか?継続下落なのか? 方向性に欠ける展開が続いています。
一方で米ドルは年内利上げ観測により昨日の下げ幅を縮小し、米ドルだけが下落から上昇気配の値動き動向が見られます。

 

 

投資選好後退(リスクオフ)続く

投資選好後退(リスクオフ)は投機的マネーの投資縮小を表し、低金利(事実上の0%金利)の日本から投資資金を調達し、他通貨へ投資されている資金が撤退することを意味していますので、主要通貨へ投資されていた円売り主要通貨買いの投機的マネーもポジションが解消され主要通貨売り円買の買い戻しの展開が顕著に表れています。
投資選好リスクの後退は、為替市場でも投資心理を低下させるため、主要通貨を売却し円買いへと資金移動が進む値動きとなっています。
(投資選好→後退→替市場→主要通貨→投資選好→低下→下落に影響する)

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください