IMF 南アフリカの成長予測を上げる

IMF、南アフリカの成長予測を上げる

IMF(国際通貨基金)は、南アフリカの実質GDP成長率、2017年年間で 1% になるとの予測を発表しました。
IMF(国際通貨基金)は、南アフリカ経済の見解を3点をあげています。

  1. 干ばつの激減からの堅調な農業生産の増加と、コモディティ輸出の価格のゆるやかなやかな回復による鉱業産出の増加により、実質経済成長は 2017年に 1% になると予測
  2. 主要インフレ率は、2017年後半と2018年に 6% を下回ると予想し、インフレ率低下の状況下で南アフリカ準備銀行(SARB)は政策金利を維持し、インフレ期待が高まった場合には金利を引き上げようとしている。
  3. 「今年と来年の経済成長ペースでは失業率のさらなる上昇と1人当たり所得の減少を防ぐ可能性は低い」と警告しています。

 

 

IMFの南アフリカ経済への言及

3月の鉱業生産[ 前年比 ]は 15.5% 増加し、2月の 4.6% から製造業の生産高が上昇しています。
2016年の経済成長率(年間ベース)は 0.3% と 2009年 の景気後退から最も遅い成長を記録しており、2017年の経済成長(年間ベース)が1%へと成長する予測は南アフリカ経済の改善基調が起動に乗り始めたことを示すものとなります。

この南アフリカのゆるやかな経済成長には課題があり、政府が限られたマクロ経済の中で優先的に特に製造業とサービス産業において成長と雇用創出を促進する必要がある、とIMFは言及しています。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す