FOMC[ 2016年7月期 ]

FRB2016年7月28日

FOMC声明文[2016年7月期]

FRB(米連邦準備理事会)は、米インフレ率はエネルギー価格や非エネルギー輸入価格の下落を反映して、長期目標インフレ率2%を下回り続けています。
インフレ率の市場ベース測定は低いままで、将来の政策金利引き上げのタイミングと規模を決定するには、米経済状況が相対的に最大の雇用とインフレ率2%を実現すると予想されることを評価する時としています。

 

 

米政策金利時期

明確な時期については言及はなく、米経済が最大の雇用と2%のインフレ率を実現することができる時期としているため、9月や年内などの報道観測は憶測であることになります。
利上げ時期は米経済と雇用と2%のインフレ率の3点が一致したとFRB(米連邦準備理事会)が判断した時であり、現時点での利上げ時期の予想ではなく、今後の米経済指標がFRBの満足にいたる数値結果が公表された時点でFRBが利上げ時期について言及をし始めると予想されます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す