FBIヒラリー・クリントン氏の不起訴を維持へ

%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc2016%e5%b9%b411%e6%9c%887%e6%97%a5

FBIヒラリー・クリントン氏の不起訴へ

FBI(米連邦捜査局)は、ヒラリー・クリントン氏の私用メールによる機密漏洩を再捜査していましたが、FBIはクリントン氏の訴追(不起訴)を求めないとを表明しました。
FBIは「7月時点の私的な電子メール使用が犯罪に当たらないとの結論は変わっていない」 と米議会へ伝え、改めてヒラリー・クリントン氏に対する訴追をしないことを決定しています。

大統領選挙を控えて、ヒラリー・クリント氏への再捜査は、過激な発言や米経済減速に陥るような経済政策を掲げている、ドナルド・トランプ氏の選挙戦で一時的に有利になり、急激なリスク回避が進みましたが、ヒラリー・クリントン氏への不起訴が決まり、進んでいたリスク回避が止まり主要通貨は上昇しています。

 

 

ヒラリーとトランプの経済政策

クリントン氏の勝利は比較的積極的な経済政策をとるとして、投資選好が高まり主要通貨や新興国通貨は上昇すると予想されています。
また、米国でのインフラ支出拡大に伴い米国からの需要が増大する可能性が高まり、米国が資源商品を買う可能性が高くなります。

トランプ氏は保守的な経済政策をとると予想されているため、金融市場ではトランプ氏の勝利で恩恵を得る国があるとは思わない 捉えています。
新興市場国からの輸入が減少し、世界経済に打撃を及ぼすとの警戒感から新興市場を中心に下落する可能性が高まります。

 

 

金融市場への影響

ヒラリー・クリントンへの訴追が無くなり、保守主義的なトランプ氏の大統領選勝利が後退したため、金融市場ではリスク選好が強くなり、主要通貨は上昇で反応しています。
この点から、すでにヒラリー・クリント氏とドナルド・トランプ氏の経済政策への捉え方が著しく表れています。
トランプ氏は経済成長よりも、移民排斥や人種格差など、経済成長による世界成長よりも、米国の人種問題を争点にした独断専行が強いため金融市場ではトランプ氏を非常にネガティブに捉えています。

 

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す