欧州株価指数/NYダウ株式が下落

欧州株価2015年9月22日

■欧州/NYダウ株式/日経平均先物下落
[ 欧州株価指数:DAXドイツ ]
  終値 : 9565ユーロ  383ユーロ下落(3.85)
  ※ 欧州株価指数ではドイツの他、フランス/イギリス/イタリア/スペイン/オランダ、なども 3%以上下落しています。

[ NYダウ株式 ]
  現在値 : 18165円  270円下落(-1.65%)

[CME:日経平均先物]
  現在値 : 17860円  460円下落(-2.56%)

[ 上海総合指数 ]
  終値:3186ポイント  29.78ポイント上昇(0.94%)

※ CMEシカゴ・マーカンタイル世界最大の先物取引所では日経平均先物が取引されています。
このCMEでの取引では、東京市場が休場の場合や日本時間外において、日経平均株価はアメリカ市場(CME:シカゴ・マーカンタイル)で取引されています。

 

 

■豪ドルや新興国通貨は、欧州株価指数、NYダウ、日経平均先物の下落を受けて欧州/NY市場で下落が進んでいる状況です。
上海総合指数が大きく下落もせず、小幅上昇に転じていることから直接的な下落は欧州株価指数、NYダウ、日経平均先物の下落が原因と予想されます。

 

■株価下落の原因
先週行われたFOMC(米連邦公開市場委員会)で、FRB(米連邦準備理事会)イエレン議長が世界経済への不安定や世界の株価の急激な下落に対して言及したため、金融市場では株式市場へ警戒感が強まり資金が株式市場から日本国債へと逃避が進んだことが、株価下落の要因にあげられます。
日本長期国債利回りは 0.365%から0.31%へと低下、株式を売却し日本国債が買われています。

※ 国債利回りの解説クリックでリンクします

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す