豪雇用統計(クラスA)

豪雇用統計(クラスA)

 

Image:FreeDigitalPhotos.net

豪雇用統計 初心者向け解説

豪雇用統計

(A) 雇用情勢が個人所得や個人消費動向に影響を及ぼすため、オーストラリア経済全体やRBA(豪準備銀)の金融政策の方向性を知る経済指標です。

(B) 雇用が不安定になると個人所得が減り個人消費(需要)が減少することになります。 消費の減少は有効なインフレ率目標(2%~3%)としている豪準備銀行(RBA)の金融政策と逆行することになるため、政策金利引き下げ実施が高くなりることがあります。
逆に、雇用が安定な状況化では個人消費(需要)が増加し、消費者物価指数が上昇し、豪準備銀行(RBA)が目標としている、目標インフレ率(2%~3%)の上限値3%へ向け上昇するため、目標範囲内にインフレ率をおさせえる必要が発生するため、政策金利を引き上げて物価上昇を安定させる傾向が強まります。

 

 

雇用統計の見方

(C) オーストラリアの新規雇用者数や失業率は一定的せず変動があるため、好調な期間の後に消費が回復し経済も好調となる傾向が強く、月単位よりも3ヶ月~6か月単位で観測する必要あります。 失業率は実態景気に対しては反応が遅いため、よりリアルタイムの景気を表した「新規雇用者数」の増減の方が為替市場参加者の注目を集めます。

(D)注意点としては、実態経済への効果をやや長期的な効果の視点から見ることと、実態経済への効果が表れるには時間がかかることを考慮する必要があると思われます。 結果:ポジティブ 「雇用増加→個人所得安定→家計の消費活動→増加→生産する側の企業→生産活動拡大→オーストラリア経済成長に影響する→その結果→豪ドルの需要→増加→豪ドルの上昇後押しへ」 結果:ネガティブ 「雇用減少→個人所得不安定→家計の消費活動→減少→生産する側の企業→収益減少し→雇用と所得減少→消費減少サイクル→オーストラリア経済成長に影響→その結果→豪ドルの需要→減少→豪ドル下落傾向へ

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す