豪貿易収支【8月】

豪貿易収支2015年10月6日

■豪貿易収支
[ 結果 ](季節調整済み)
   (-)30.95億豪ドル   評価:ややネガティブ
[ 前回 ]
   (-)27.92億豪ドル     
[ 予想 ]
   (-)24.00億豪ドル

※ 前回数値/事前予想を下回りましたが、豪ドルの大きに大きな影響はありませんでした。

 

 

■輸出・輸入の内訳
[ 輸出 ]    265.09億 豪ドル(当月)
[ 輸入 ]    293.98億 豪ドル(当月)

輸出額は減少し、輸入額が増加したため豪貿易収支は赤字幅が拡大し、17ヶ月連続でマイナス収支となりました。

 

 

■貿易収支悪化の原因
中国への輸出には決済ベースで米ドルが使われ、最近の豪ドルが米ドルに対して下落が進んでいるにも関わらず、貿易収支はマイナス圏で推移していますので、輸出している資源価格が下落していることを現しています。
豪資源輸出の主要な鉱物である鉄鉱石の需要予測は2020年に向けて増加していますが、鉄鉱石価格は2016年まで下落すると予測されていますので、鉄鉱石輸出による貿易収支は当面マイナス圏で推移し、2017年から鉄鉱石価格の上昇により、豪貿収支も増加へと転じると予想されます。
この点から、豪貿易収支は輸出の増減よりも資源価格の下落に影響する展開が続くと予想されます。
(中国への資源輸出→米ドルを経由する→豪ドル→米ドルに対して大幅下落中→輸出を決済する過程で量は→増加→ 一方で→資源価格→下落→輸出金額ベースで→減少→豪貿易収支ネガティブと捉える)
※ 2020年までの鉄鉱石価格予測・需要予測
※ [ 貿易収支 ] = [ 輸出量 ]✕[資源価格]✕[ 豪ドル ] - [ 輸入量 ]✕[資源価格]✕[ 豪ドル ]
※ [ 輸出量 ]✕[資源価格]=金額ベースで貿易収支を減少させる

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す