資源価格推移【9月】 1/2

資源価格2015年9月14日4■資源価格推移(Index of Commodity Prices) 【9月】 1/2
※ 資源価格推移(Index of Commodity Prices) 【9月】 2/2(クリックでリンクします)

Base metal(銅・亜鉛・錫・アルミ)、Rural(農業資源)、Oil(原油) の3点に焦点をあてています。
Base metal(銅・亜鉛・錫・アルミ)とOil(原油) は、2015年のに入り急激に価格が下落しています。
2011年の高値からは継続的に下落していることから、現在の下落は一時的なものではなく一貫した長期的な下落であることが分かります。

 

■資源価格下落の背景(要因には大きく2つ)
(1)中国の経済減速による需要量の減少からくる価格の下落
  (資源需要量減少→資源供給量→過剰へ→供給量が多くなるため→価格下落へ)

(2)投機マネーの減少
  中国の資源需要量減少を見越した投機マネーが資源投資から流出したため資源価格の大幅な下落を後押しへ

 

■Base metalとOil価格の重要性
2007年の数値を見ると、Base metal(銅・亜鉛・錫・アルミ)、Oil(原油)の価格は最高値を付け、豪ドルも、この価格にあわせるように高値を更新し、2011年~2013年にはBase metalは高値から小幅下落で推移し、Oilは高値圏で推移ていますので、この点から、Base metal(銅・亜鉛・錫・アルミ)とOil 価格の変動が豪ドルの値動きに大きく影響していることになります。資源価格を把握することが豪ドルの値動きの把握につながるりますので、資源価格の変動要因を知ることが豪ドルの先行きを知る手がかりとなります。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す