豪GDP(クラスA)

豪GDP(クラスA)

Image:FreeDigitalPhotos.net

豪GDP 初心者向け解説

  ■豪GDP 国内全体で生産された生産物やサービスの付加価値を合計額したものです。 国内の経済活動と景気を測るための経済指標となり豪ドルの値動きに大きな影響を与える指標になります。

 

■GDPの算出方法 「GDP=国内/個人消費+民間投資(住宅と企業の設備投資)+ 政府支出(政府の消費と公共投資)+純輸出(輸出-輸入)+在庫変動」 原材料が多くの工程を経て完成品になるまでの工程段階で生み出される価値を付加価値(人件費や加工費)となり、この原材料に付加価値を合計したものが製品の価格となります。 この製品を消費(購買)することで、GDP付加価値が消費され経済成長に貢献します。
※ 個人消費は豪GDPの約60%を占めています

 

■豪GDPの見方と注意点
(A) 4半期ごとに発表されます。3ヶ月分を(1月~3月、4月~6月、7月~9月、10月~12月)、前年比率、前期比率「~%」、と発表されます。
(B) 「~%」=伸び率=経済成長率となり値が大きいほど経済活動が活発となります。
(C) 4半期(3ヶ月毎)ごとに発表されるため、中長期的な景気動向やトレンドを知るために重要な経済指標になると同時に短期的には指標発表後に前年比率、前期比率に対して数値が上がると豪ドルは上昇し、数値が下げると豪ドルは下落します。 ※ 経済活動が活発になると海外からの豪ドル需要が増加するため中長期的に豪ドルの上昇要因となります

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す