豪経常収支第1四半期【1月期~3月期】経常収支

豪経常収支2016年5月31日

豪経常収支第1四半期【1月期~3月期】経常収支

[ 1月期~3月期 ] : -208億豪ドル
(前回数値:-211億豪ドル  事前予想: -195億豪ドル)
※ 前回数値:-226億豪ドルへ下方修正

 

 

経常収支キーポイント

経常収支の構成項目である貿易収支では、鉄鉱石は5.8%、石炭は4.9、液化燃料(LNG)は11% へと輸出量の急増し、$96.7億豪ドルと量的な計測では過去最高の輸出量へと押し上がっています。
資源分野への投資は増加し資源輸出のボリューム(量)は増加していますが、資源価格が上昇していませんので、輸出比率と輸入比率の観点からは、2009年の世界的な金融危機以来の最低点へと下落し、1.9%減少しています。
※ [ 輸出比率 - 輸入比率 ✕ AUD = 貿易収支 ]

 

 

豪経済成長に貢献

今回発表された豪経済成長では改めて、資源輸出量は増加しているためオーストラリア国内の資源産業が経済活動に貢献すると予想されます。経常収支や貿易収支はマイナス圏で推移し対外累積マイナスが増加していますが、逆にオーストラリア国内での経済活動は成長しています。
低い為替レートの豪ドル(特に対米ドル)は、豪ドルを安く買えるためオーストラリアの資源産業への投資がしやすくなるので、鉱業投資は依然としてサポートされています。これは資源輸出量の増加からも検証されています。
一方で、低い為替レートや低い資源価格は金額ベースで金額ベースで貿易収支を減少させるため豪貿易収支はマイナス圏で推移している状況です。

 

 

経常収支の解説

※ 「経常収支 = 貿易収支+サービス収支+所得収支+経常移転収支」

※ 貿易収支(モノの輸出入の集計)
※ サービス収支(海外旅行先で買い物をしたり食事をしたりが、オーストラリアのサービス収支の赤字に計上
※ 所得収支(企業が海外の工場建設などや海外証券投資で得た収益から、
オーストラリア国内で外国企業などが得た利益や報酬などを引いたもの)
※ 経常移転収支(開発途上国への経済援助や国際機関への拠出金など)

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す