豪第2四半期GDP【2016年4月期~6月期】

豪GDP2016年9月7日

豪第2四半期GDP

[ 前年比 ]  3.3%   評価:ポジティブ
 (前回数値:3.1%  事前予想:3.3%)
 ※ 前回数値3.0%へ下方修正

[ 前期比 ]  0.5%   評価:ネガティブ
 (前回数値:1.1%  事前予想:0.6%)
 ※ 前回数値:1.0%へ下方修正

 

 

 

豪GDPキーポイント

家計消費支出は、0.4% 増加しました。健康(+2.1%)、ホテル、カフェ、レストラン(+1.8%) への消費増加によるものでした。

輸出は、鉱石(+0.9%)、石炭(+2.5%)、機械(2.5%)の増加に牽引され、1.4%の増加となりました。農業資源の輸出は 0.6% 減少し、サービスの輸出は 0.8% の増加となりました。これにより、財・サービスの輸出の総合的輸出は 1.4% の増加となりました。
輸入は、商品の季節調整輸入が原因で消費財の増加(+6.5%)と中間財(加工品 / 部品)は(+2.1%)に 2.7%の増加となりました。サービスの輸入は 0.0%横ばいでした。財・サービスの輸入 2.7% 増加しました。
輸入が輸出を大きく上回り、豪貿易収支はマイナス圏で推移していますが、輸出と輸入から産み出される経済成長は季節調整済み換算で 2.3% 豪経済成長に貢献しています。

※ 輸出と輸入の産業に関わる企業や雇用から経済成長に貢献は増加しています。貿易収支はマイナス圏ですが輸入から産み出される経済成長が大きいことに注意が必要です。

 

 

GDPの算出方法

「GDP = 国内/個人消費+民間投資(住宅と企業の設備投資)+ 政府支出(政府の消費と公共投資)+純輸出(輸出-輸入)+在庫変動」 原材料が多くの工程を経て完成品になるまでの工程段階で生み出される価値を付加価値(人件費や加工費)となり、この原材料に付加価値を合計したものが製品の価格となります。 この製品を消費(購買)することで、GDP付加価値が消費され経済成長に貢献します。

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す