豪準備銀行(RBA)金融政策発表【4月】

RBA2016年4月5日

豪準備銀行(RBA)政策金利発表

豪準備銀行(RBA)が、政策金利を2.00%で据え置くことを発表しました。
2015年5月から豪政策金利は過去最低水準の2.0%で据え置かれています。

 

 

RBAによる最近のデータ

・最近の豪ドルは高く評価されている

・労働市場の成長、特に賃金面で成長は低成長で推移しています

・オーストラリアのインフレ率は、今後1年~2年低い水準と予想

・企業への融資ペースはアップしています

 

 

政策金利への言及

豪準備銀行(RBA)では、インフレ率と労働市場がの改善が継続的していくかどうか? を判断し評価していく必要があります。
大きな状況の変化が発生した場合には政策金利を変更する可能性があります。
また、継続的な低インフレは、需要への支援が適切であるべきで、容易に政策金利の変更の適用をすることが示唆しています
(インフレ率:CPI→低下→消費活動→減速の表れ→低金利の政策金利を継続し→家計の消費活動を→後押しする必要がある)

この容易に政策金利の変更を適用するとの言及は政策金利を引き下げることを意味しており、インフレ率の低下や世界経済の急激な減速、オーストラリア経済の減速など、多くの要因により金利引き下げの発生がありますので、オーストラリア経済や資源価格、新興国経済、米政策金利動向など、多岐にわたり、市場動向を把握する必要があります。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す