豪準備銀行(RBA)金融政策発表【2016年11月期】

rba2016%e5%b9%b411%e6%9c%881%e6%97%a5

豪準備銀行(RBA)政策金利発表

豪準備銀行(RBA)が、政策金利を1.50%で据え置くことを決定しました。

 

 

経済に関する言及

  • 経済は適度な速度で成長している
  • 鉱業投資の大幅な減少は、住宅建設、公共需要と輸出を含む他の分野での成長によって相殺されています。
  • 世界経済は平均を低いペースで成長し、工業生産と貿易の伸びも低成長
  • 中国の経済成長は最近安定している
  • 労働市場の指標は幾分強弱が混在
  • インフレ率は当面低水準で推移へ

 

 

 

豪準備銀行(RBA)金融政策に関する経済言及

オーストラリアでは、経済は家計消費が妥当なペースで成長しています。
鉱業投資の大幅な減少は住宅建設と公共需要、輸出を含む他の分野での成長によって相殺され、家計の景況感は過去の平均以上で推移しています。

労働市場は、州ごとにばらつきはあるものの、失業率は低下傾向にあります。現在はパートタイム雇用が強く成長していますが、雇用の伸びが全体的に鈍化しているといった混在されて状況下で続いています。豪準備銀行(RBA)金融政策では将来の見通しで、短期的には雇用の継続的な拡大に向かって目指すと言及しています。

 

 

 

豪インフレ予想

インフレ率は非常に低いままであり、第3四半期の基調インフレは1.5%で2期連続し、人件費と、非常に低コスト圧力でインフレ率が低く推移すると予想されていることを意味しています。
2013年以来の低金利は国内需要と取引部門を支援、為替レート(豪ドル安)をサポートしてきました、これらの要因には、必要な経済を支援していますが、取引を主にした為替レートは、これらの経済支援を目的とした豪ドル安を複雑にしています。
今後2年間の時間をかけて豪経済は徐々に成長し、インフレ率は徐々に上昇することが期待されます。

 

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す