豪準備銀行(RBA)金融政策発表【2016年10月期】

rba2016%e5%b9%b410%e6%9c%884%e6%97%a5

豪準備銀行(RBA)政策金利発表

豪準備銀行(RBA)が、政策金利を1.50%で据え置くことを決定しました。

 

 

経済に関する言及(9月期を踏襲しています)

世界経済は平均より低いペースで成長を続けています。いくつかの先進国は、この1年間改善を示し始めていますが、新興市場経済は、より困難になってきました。
最近のデータは、輸出やその他の分野での成長が全体的な成長拡大を続けていることを示唆している、一方で豪政策金利に影響を及ぼすインフレ率は当面低水準で推移すると言及。
オーストラリアでは、経済は適度な速度で成長し続けています。鉱業投資の大幅な減少は、住宅建設、公共需要と輸出を含む他の分野の成長によって相殺されています。
家計消費は、合理的なペースで成長していますが、最近では少し遅くなっていると予想。

 

 

為替レート/低金利への言及

低金利は、国内需要を支援し、2013年以来の低い為替レートも国内経済を支援してきました。必要な経済的な調整を行うために経済を支援しています。
低い為替レートの豪ドル(特に対米ドル)は、豪ドルを安く買えるためオーストラリアの民間企業セクターへの投資がしやすくなり、この民間資源産業への投資は経済活動を促進させるため、豪経済(GDP)へ貢献します、2013年以来の低い為替レート(対米ドル)はオーストラリアの経済成をサポートするために重要であるとRBAは言及しています。

 

 

豪ドルへの影響

声明文の大部分で9月期(前月)の内容を踏襲している側面が強く、豪準備銀行(RBA)政策金利発表・声明分では大きな値動きへの変動はありませんでした。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す