豪準備銀行(RBA)金融政策発表【3月】

RBA2016年3月1日

豪準備銀行(RBA)政策金利発表

豪準備銀行(RBA)が、政策金利を2.00%で据え置くことを発表しました。
2015年5月から豪政策金利は過去最低水準の2.0%で据え置かれています。

 

 

RBAによる最近のデータ

・世界経済は予想よりも早く、低いペースで成長を続けていることを示唆しています。

・多くの新興市場国で経済成長は、より困難になってきています。

・資源価格は、過去数年にわたって実質的に非常に下落しています。これは、部分的に需要(消費)の低さを示していますが、重要な点で供給の大幅な増加を反映しました。(需要は増加していますが、資源価格は下落しているため豪貿易収支は悪化が継続しています)

オーストラリア経済では非資源産業の拡大が鉱業投資の支出の縮小にもかかわらず、2015年には成長が強まっていることを示唆しています。これは、労働市場の改善や企業への融資のペースが増加したためと予想されます

 

 

政策金利への言及

豪準備銀行(RBA)では、継続的な労働市場の改善をしているかどうか? および最近の金融の混乱からくる世界経済と国内需要の前兆がどうなるかどうか? を判断できるようにする必要があります。
そのため、継続的な需要(消費)支援することが大切で適用な範囲で政策金利を設定する。

 

 

今後の豪政策金利

現在豪準備銀行(RBA)は、豪経済が資源産業から非資源産業への移行が進みつつあり、この非資源の成長を継続させるために低金利政策は継続されると予想されます。
RBAが急激な世界経済やオーストラリア経済の悪化を判断状況するまでは、政策金利が据え置かれると予想されますので、現状では政策金利引き下げの可能性は低いと予想されます。

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ