豪準備銀行(RBA)議事録 公表【2016年5月期】

RBA2016年5月17日

豪準備銀行(RBA)議事録 公表

・インフレ率が予想を下回っていたことを指摘
・ここ数ヶ月にわたる発展が経済活動や失業率の見通しに重大な変更につながっていなかったが、低いインフレの見通により政策金利を引き下げた
・政策金利を引き下げが、時間をかけてインフレ率がターゲットに戻り、持続的な経済成長につがる
基調インフレ率が2.00%を下回り、政策金利引き下げを実施した

参考 : 豪消費者物価指数(CPI)【2016年1月期~3月期】

 

 

資源産業への予想

中国当局の期的な新たな成長目標に対して、ここ数ヶ月以上の資源価格は上昇しました。この上昇した資源価格は、一般的にオーストラリアで所得や活動をサポートしますが、しかし、資源価格今後数年間上昇と下落のレンジ幅を形成されれると予想され、豪鉱業投資を後押しすることが期待されていません。

 

 

為替レートと豪経済成長

非常に低金利の金融政策と為替レートの下落により、鉱業投資はサポートされていることが示唆されました。
2015年全体での豪経済成長率は予想よりも少し強くなりましたが、それ以降ゆるやかな(低下)ペースで成長持続されているように見えますが、潜在成長は現時点での推定値より上で推移すると予測されました。
2013年始めから為替レートの下落は、豪成長と経済調整過程を支えていると、豪準備銀行(RBA)は言及しています。

低い為替レートの豪ドル(特に対米ドル)は、豪ドルを安く買えるためオーストラリアの資源産業への投資がしやすくなるため、鉱業投資は依然としてサポートされています。これは資源輸出量の増加からも検証されています。
この民間資源産業への投資は経済活動を促進させるため、豪経済(GDP)へ貢献します、2013年以来の低い為替レート(対米ドル)はオーストラリアの経済成をサポートするために重要であるとRBAは言及しています。

この点から、当面豪準備銀行(RBA)は、低金利政策による豪ドルの下落をオーストラリア経済の成長へとつなげると予想されますので、豪ドルの上昇余地は限られると思われます。

※ 政策金利引き下げ→金利低下→金利差の魅力→低下→豪ドル→下落→豪ドル買いやすくなる→資源投資→増加→経済成長へ
※ GDPの算出方法 「GDP = 国内/個人消費+民間投資(住宅と企業の設備投資)+ 政府支出(政府の消費と公共投資)+純輸出(輸出-輸入)+在庫変動」

, ,

コメントを残す