豪準備銀行(RBA)議事録 公表【2016年3月】

RBA2016年3月15日

豪準備銀行(RBA)議事録 公表

・低インフレの見通しが続く間は、低金利を継続余地を与えている
・豪経済は期間をかけて徐々に成長する合理的な見通しがあったと判断し、政策金利を据え置いた
・労働市場の継続的な改善と金融混乱からくる世界経済を監視する

 

政策金利への言及

豪準備銀行(RBA)では、継続的な労働市場の改善をしているかどうか? および最近の金融の混乱からくる世界経済と国内需要の前兆がどうなるかどうか? を判断できるようにする必要があり、大きな状況の変化が発生した場合には政策金利を変更する可能性があります。
また、継続的な需要(消費)支援することが大切で適用な範囲で政策金利を設定すると言及しています。これは低インフレ(低い需要)が続く間は、消費者の需要が弱いため、政策金利を継続的に低金利で設定し、消費者の需要を支援する必要があるとしています。
(インフレ率:CPI→低下→消費活動→減速の表れ→低金利の政策金利を継続し→家計の消費活動を→後押しする必要がある)

 

 

オーストラリア国内経済

2016年の中国の鉄鉱石輸入量は減少していますが、オーストラリアからの資源輸出量ではわずかに成長があったことが確認されました。液化天然ガスだけでなく、鉄鉱石も輸出量は増加しています。
そのオーストラリアのシェアた上でオンラインになると予想された彼らは、より多くの生産能力がことを指摘しました高いレベルで推移していました。

賃金指数からのデータは、賃金の伸びは、鉱業/製造業を始めとした多くの産業で遅く、2015年の賃金の伸びはすべての業種で低いことが確認されていました。
最近では、いつかの産業で雇用状況が安定しているように見え、継続的な低賃金の伸びが示唆され始めました。
オーストラリアでは賃金の上昇と雇用の安定の関係を注意深く、観察しており、政策金利への言及にあるように、継続的な労働市場の改善をしているか? が政策金利の設定に大きく影響しています。
この点から、オーストラリアでの賃金上昇が雇用や経済成長の安定を最終的な数値面で表面化するため、賃金上昇率を把握することが重要となっています。

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す