豪準備銀行(RBA)議事録 公表【2016年11月期】

rba2016%e5%b9%b411%e6%9c%8815%e6%97%a5

豪準備銀行(RBA)議事録 公表

11月1日開催分の金融政策分

  1. 今後2年間でインフレ率が平均的な水準へ戻ると予想
  2. 賃金上昇率は安定
  3. 2016年のCPIは1.5%前後を予想し、数年後には2.5%へ上昇すrと予想
  4. 高い水準の家計債務が存在する

 

 

 

 

2016%e5%b9%b411%e6%9c%8815%e6%97%a5

豪金経済予想

  1. 豪準備銀行(RBA)は、世界経済が悪化した場合に発生する高い家計債務が問題を引き起こす可能性を警告しています。
    豪家計負債は過去最大を記録し、家計の純資産は2006年から低下しています。
    2006年間までは預貯金は横ばいに関わらず、負債の増加とともに家計の純資産も増加していたため、家計の不動産価格などが上昇し続けていることを示していますが、最近では預貯金が増加しているにも関わらず、負債が増加しているため高い価格で不動産を購入し、その後のローン返済率が実質所得よりも高い水準で推移しているため、流動性資産(1年以内に換金可能な証券)と預貯金の増加率よりもローン返済率の上昇や既に購入済みの住宅価格が下落しているため、資産価格の下落に伴う家計の純資産は下落していることを示しています。
    オーストラリア経済の問題点は、この不動産価格の変動とローンの返済率であり、IMFも本日オーストラリアの金融リスクとして豪住宅市場を上げています。

  2. 豪経済は2013年以来の低金利は国内需要と取引部門を支援、為替レート(豪ドル安)をサポートしてきました、これらの要因には、必要な経済を支援していますが、取引を主にした為替レートは、これらの経済支援を目的とした豪ドル安を複雑にしています。
    今後2年間の時間をかけて豪経済は徐々に成長し、インフレ率は徐々に上昇することが期待されます。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す