豪準備銀行(RBA)議事録 公表【2016年10月期】

rba2016%e5%b9%b410%e6%9c%8818%e6%97%a5

豪準備銀行(RBA)議事録 公表

10月4日開催分の金融政策分

  1. 次回会合では第3四半期CPIや新たな経済予想を判断材料とする
  2. 資源輸出の拡大により、経済成長率は強くなっている
  3. 経済成長が賃金の伸びとインフレの緩やかな上昇をサポートする
  4. 豪ドル高で経済のリバランスが複雑化する可能性

 

 

内容理解と金融市場

オーストラリア経済成長は拡大傾向にあり、この経済成長の拡大が賃金の伸びとインフレの緩やかな上昇をサポートすると言及しています。
このインフレ率に対するサポートは、今後豪消費者物価指数の上昇と金利引き下げを著しく後退させる内容となります。
最近までは、豪準備銀行(RBA)が政策金利を引き下げるかもしれないとの観測が台頭していましたが、政策金利引き下げ観測を後退せさる内容となりましたので、金利引き下げを警戒して金融市場では豪ドル買いを控えていましたが、金利が当面維持されるとの予想が強まり、金利差を意識して豪ドル買いの大きな要因となると予想されます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す