豪小売売上高【前月比:7月】

豪小売売上高2015年9月3日

■豪小売売上高【前月比:7月】
[ 前月比 ] +0.1%     (評価:ネガティブ)
  (前回数値:+0.6%)
  (事前予想:+0.4%)

[ トレンド ] +0.2%    (季節の影響を調整しない純粋な数値)
 (前回数値:+02%)

 

■豪小売売上高推移
プラス4%と2015年4月以来のマイナス圏へと低下しましたが、トレンド推移は0.2%とプラス圏で推移する結果となりました。
昨日発表された、豪GDPでは個人消費が増加しGDPに貢献しています。
豪小売業界を含む個人消費は豪雇用全体に対して10%以上の割合を占め、豪GDPの60%の影響を及ぼすため、トレンド推移が安定が今後の豪経済の先行指標として把握する重要な数値となります。
今回の結果は トレンド数値が2%で安定しているため、豪ドルの値動きにはポジティブな側面がり、豪ドル下落圧力にはなりませんでした。
※ トレンド推移では2%~3%で推移し安定的となっています。
※ 豪小売売上高は、豪雇用や豪GDP(経済成長)の先行指数として把握できる経済指標として捉えることができる

,

コメントを残す