豪住宅建設許可件数【2016年7月期】

豪住宅2016年8月30日2

豪住宅建設許可件数【2016年7月期】

[ 前月比 ]:+11.3%   評価:ポジティブ

[ 戸建住宅件数 ]:-0.5%

[ 高層マンション ]:+23.0%

 

 

住宅価値推移

[ 前月比 ]:2.3%上昇

[ 戸建住宅件数 ]:+6.2%

[ 高層マンション ]:+16.5%

 

 

キーポイント

マンション建設件数は、2012年以降、豪準備銀行(RBA)の低金利政策により増加し続けています。戸建住宅件数も過去1年間で23万件も建設され記録的な状況となっています。
現在はサブプライムショックで世界金融危機が始まる2008年の高い水準を越え、オーストラリア市場最も高い建設件数へと大きく増加し、住宅建設はオーストラリアの経済成長に貢献すると予想されます。

一方で、現在建設が進んでいる、戸建住宅件数/高層マンションは、2017年~2018年に完成しシドニーや各州都では供給過剰傾向へ向かう可能性があります。
2017年~2018年をの住宅完成を見越した供給過剰からくる住宅価格の下落が始まると、現在オーストラリア経済は住宅市場に支えられているため、RBAによる低金利政策の効果が再度必要となる可能性があります。

 

 

住宅市場と経済効果

  1. 住宅建設には多くの材料や雇用、家具、電化製品を必要とし、それに伴う流通や金融業(銀行ローン)に経済効果をもたらします
  2. 一般的に住宅やマンションはローンで購入するため、RBAの低金利により、住宅を購入しやすい状況下にある
  3. 低金利による住宅建設増加と、それに伴う消費や流通/金融の経済へと直接的影響が発生する
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す