豪ドル 週間見通し 2016年2月第4週

2016年2月21日

豪ドル週間見通し

■先週はの豪ドルは、82円半ばまで上昇する場面がありましたが、引き続き週足で見たライン(A)〜(B)の間で下落トレンドが継続しいます。
引き続き、ライン(B)以下の値まで上昇(戻し)後の下落には注意が必要となります。

■下落トレンドライン(A)〜(B)で斜め下45度の傾斜角度が継続し下落トレンドが続き、この傾斜角度は値動きが、ライン(B)前後まで上昇(戻し)せずに再度下落する可能性を示しています。
更に、値動きがライン(B)より上、(A)よりも下へと乖離した場合でも、再度ライン(A)〜(B)への回帰が予想され、値動きがライン(B)を鮮明に越えるまでは、日足/週足では下落トレンドが続くと予想されます。

■現在、下落トレンドライン(A)~(B)に沿った値動きをしていますので、ライン(B)を越えの確認が非常に重要となります。ライン(B)越えを確認できない状況では、週足で下落が継続する状況が継続します

 

 

 

[今週の週間予想レンジ]

週間の予想変動幅(ボラティリティ)は約2.55〜3.80円となっていますので、先週の終値 約80.45円に対して、約2.55〜3.80円の範囲内で上・下する状況です。
約 80.45円 + 約2.55〜3.80円 = 約 83.00円〜84.25円(最大上限値)
約 80.45円 −  約2.55〜3.80円 = 約 77.95円〜76.65円(最大下限値)
※ 値動きが進んだ方向(トレンド)と [週間レンジ]の上限値・下限値の予想変動率(ボラティリティ)までの値とを重ね合わせて、ポジションを調整していきます。

 

 

今週の主なスケジュール

2月22日(月)
(独) 2月製造業PMI
(米) 2月製造業PMI
(米) 2月マークイット製造業PMI

2月23日(火)
(独) IFO企業景況感指数
(米) ケースシラー住宅価格指数(S&P)
(米) 1月中古住宅販売件数

2月24日(水)
(米) 1月新築住宅販売件数

2月25日(木)
(豪) 民間設備投資
(南) 1月生産者物価指数
(米) 1月耐久財受注
(中) 1月生産者物価指数(PPI)
(米) 週間新規失業保険申請件数
(米) 2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数

2月26日(金)
(日) 1月全国消費者物価指数
(独) 2月消費者物価指数(CPI)
(米) 米10月期~12月期GDP(改定値)
(米) 1月個人所得 / 1月個人消費支出

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ