豪ドル週間見通し 【2016年8月第4週】

2016年8月21日

豪ドル 週間見通し 【2016年8月第4週】

豪ドルは、8月16日に発表された、
① 豪準備銀行(RBA)議事録【2016年8月期】で低金利政策の長期化
② 豪雇用統計[失業率/新規雇用者数]【2016年7月期】の賃金上昇率やパートタイムの増加から、下落が続き7月第2週の安値近辺まで下落する展開となっています。
下ヒゲが出現するまでは、7月第1週(74円半ば)と6月第4週(72円半ば)の安値近辺まで下落する可能性があります。

  1. 7月第1週(74円半ば)と6月第4週(72円半ば)の安値近辺まで下落の可能性があり
  2. 下ヒゲが出現するかを確認しトレンドの変化を見る
  3. 7月第1週(74円半ば)と6月第4週(72円半ば)まで下落し、2番底の確認の可能性があり

 

 

[今週の週間予想レンジ]

週間の予想変動幅(ボラティリティ)は約1.10円〜2.20円
先週の終値 約76.35円に対して、約1.10円〜2.45円の範囲内で上・下する状況です。

  • 約 76.35円 + 約1.10円 〜 2.45円 = 約 77.45円〜78.55円(最大上限値)
  • 約 76.35円 - 約1.10円 〜 2.45円 = 約 75.25円〜74.15円(最大下限値)
    ※ 値動きが進んだ方向(トレンド)と [週間レンジ]の上限値・下限値の予想変動率(ボラティリティ)までの値とを重ね合わせて、ポジションを調整していきます。

 

 

 

今週の主なスケジュール

8月22日(月)
※ 特に大きな経済指標はありません

8月23日(火)
(日) 黒田東彦日銀総裁 発言
(独) 8月製造業PMI
(欧) 8月製造業PMI
(欧) 8月消費者信頼感
(米) 7月新築住宅販売件数

8月24日(水)
(NZ) 7月貿易収支
(南) 7月消費者物価指数(CPI)
(米) 7月中古住宅販売件数
(米) 住宅価格指数(前月比/前期比)

8月25日(木)
(独) 8月IFO企業景況感指数
(南) 7月卸売物価指数(PPI)
(米) 7月耐久財受注
(米) 7月耐久財受注(輸送用機器除く)
(米) 新規週間失業保険件数

8月26日(金)
(日) 7月全国消費者物価指数(CPI)
(米) 米第2四半期GDP(改定値)
(独) 8月ミシガン大消費者信頼感指数
(米) イエレンFRB(米連邦準備理事会)議長 発言

 

(豪) = オーストラリア (NZ) = ニュージーらインド (南) = 南アフリカ (米) = アメリカ (欧) = ユーロ圏 (日) = 日本 (独) = ドイツ

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す