豪ドル週間予想 2015年10月18日

2015年10月18日

■豪ドルは、6月24日の高値・8月11日の高値を起点とした、レジスタンスライン(B)まで上昇した後反落して終値をむかえています。
レジスタンスライン(B)に沿った下落が続くのか? ライン(B)を越えるのか? が大きな争点となります。

 

 

■現在の変動要素
・金融市場が米政策金利引き上げ観測の時期
・中国の景気動向(GDP/鉱工業/小売売上高)と中国金融刺激策
・ECB(欧州中央銀行)政策金利

 

 

■[今週の週間予想レンジ]
週間の予想変動幅(ボラティリティ)は約3.08円となっていますので、先週の終値 約86.80円に対して、3.08円の範囲内で上・下する状況です。
約86.80円 + 3.08円 = 約 89.88 (最大上限値)
約86.80円 - 3.08円 = 約 83.22円 (最大下限値)
※ 値動きが進んだ方向(トレンド)と [週間レンジ]の上限値・下限値の予想変動率(ボラティリティ)までの値とを重ね合わせて、ポジションを調整していきます。

 ■SBIFXトレード
 ・「少額から始める投資」 「初めての取引実践」など目的に合ったゆったり外貨運用へ!
 ・スワップポイントは業界No1」→豪ドル/南アフリカランド/NZ 向けに最適

 

 

■今週の主なスケジュール
10月19日(月)
(中) 中国第3四半期GDP
(中) 鉱工業生産
(中) 小売売上高

10月20日(火)
(豪) 豪準備銀行(RBA)議事録
(独) NAB企業景況感指数
(米) 住宅着工件数
(米) 建設許可件数

10月21日(水)
(日) 通関ベース貿易収支
(南) 消費者物価指数
(南) 実質小売売上高
(加) カナダ銀行政策金利
(米) イエレンFRB(米連邦準備理事会)議長 発言

10月22日(木)
(英) 小売売上高指数
(欧) ECB(欧州中央銀行)政策金利 発表
(欧) ドラギECB(欧州中央銀行)総裁 定例会見
(欧) 消費者信頼感
(米) 中古住宅販売件数
(米) 住宅価格指数

10月23日(金)
(独) 製造業PMI
(欧) 製造業PMI

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す