豪ドル見通し テクニカル分析 2015年9月1日

■本日の予定
(中) 製造業PMI
(中) 非製造業PMI
(豪) 豪準備銀行(RBA)政策金利 / 金融政策発表
(豪) 経常収支
(豪) 住宅建設許可件数
(豪) AiG製造業指数

 

 

■短期分析
[ 想定範囲:2時間~12時間 ]
[ 予想トレンド ]・・・→ 中立

1, 85円前半近辺 / 84円半ば にサポートラインがあり

2, 87円近辺 / 87円後半にレジスタンスラインがあり

3-1, サポートラインとレジスタンスラインの間で中立トレンド形成中(豪政策金利発表待ち)

3-2サポートライン前後での値動きに注意へ

3-3, 早期にレジスタンスラインを越えることができない場合、再度下落する可能性があり

 

 

■ 日足分析
[ 想定範囲:1日~1週間 ]
[ 予想トレンド ] ・・・→ やや下落

1, 83円後半/81円台にサポートラインがあり

2, 91円台にレジスタンスラインがあり

3-1,  時間をかけてレジスタンスラインまでの一時的上昇(戻し)の可能性があり

3-2レジスタンスライン(以下の値)まで上昇(戻し)後の反転下落に注意

3-3, 現在日足のトレンド速度は遅いので、各ラインへの到達には時間が必要です

 

 

[ 1カ月想定変動幅 ]
約5.19円(1ヶ月)のレンジの範囲内で上・下する状況です

  •  X = (始値・高値・安値)+5.19円=最大上限
  •  X = (始値・高値・安値)-5.19円=最大下限値

現在の想定変動幅 = 週足・月足の始値・高値・安値から、約5.19円(ボラティリティ)

※ ボラティリティの使い方・・・→ 始値・高値・安値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

2015901

コメントを残す