豪ドル88円台到達へ 2015年10月23日

ドラギECB(欧州中央銀行)総裁の追加金融緩和示唆中国金融刺激策の影響を受けて、豪ドルや米ドルは上昇する展開が続いています。
※ 中国金融刺激策
※ ドラギECB総裁定例会見

 

短期分析
[ 想定範囲:2時間~12時間 ]
[ 予想トレンド ]・・・→ やや上向き(上昇)

(A) 87円前半 / 86円後半にサポートラインがあり

(B) 88円半ば / 88円後半にレジスタンスラインがあり

(C-1) 値動きが、サポートライン87円を維持している間は上昇トレンドへ

(C-2) 上昇速度は遅く、サポートラインまでの一時的下落の可能性があり

(C-3) 引き続き、サポートライン前後での値動きに注意へ

 

 

日足分析
[ 想定範囲:1日~1週間 ]
[ 予想トレンド ] ・・・→ 中立

(A) 85円台 / 83円台にサポートラインがあり

(B) 89円台 / 91円台にレジスタンスラインがあり

(C-1) 時短期分析でトレンドが鮮明になるまで、日足分析は中立トレンドへ

(C-2) 下落トレンドが発生すると急激な下落発生の可能性を考慮へ

(C-3) 上昇トレンドが発生して場合、上昇速度は遅いと予想されます

 

 

[ 1カ月想定変動幅 ]
約5.56円(1ヶ月)のレンジの範囲内で上・下する状況です
・X = (始値・高値・安値)+5.56円=最大上限値
・X = (始値・高値・安値)-5.56円=最大下限値

現在の想定変動幅 = 週足・月足の始値・高値・安値から、約5.56円(ボラティリティ)

※ ボラティリティの使い方・・・→ 始値・高値・安値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

テクニカル分析2015年10月23日欧州NY

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す