豪ドル見通し 2016年9月22日

本日のスケジュール

(南) 南アフリカ準備銀行(SARB)政策金利 発表
(NZ) ニュージーランド準備銀行(RBNZ)政策金利 発表
(欧) ドラギECB(欧州中央銀行)総裁 発言
(欧) 9月消費者信頼感
(米) 8月中古住宅販売件数
(米) 景気先行指標総合指数
(米) 新規週間失業保険件数

 

 

短期分析

[ 想定範囲:2時間~24時間 ]

[ 予想トレンド ]・・・→ 中立

  • サポートライン : 76円前半 / 75円後半
  • レジスタンスライン : 77円前半 / 77円後半

(A) 一時的に急激な変動がありましたが、サポートラインの上限値とレジスタンスラインの下限値を越えることはできず方向性の確認中が続いています

(B) サポートラインとレジスタンスラインの幅は狭くゆるやかな変動幅

(C) 先にサポートラインとレジスタンスラインのどちを越える(割り込む)かを確認中

 

 

日足分析

[ 想定範囲:2日~2週間 ]
[ 予想トレンド ] ・・・→ 中立

  • サポートライン : 75円台 / 71円台
  •  レジスタンスライン : 78円台 / 82円台

(A) 78円台のレジスタンスラインを越えるかが争点へ

(B) 78円のレジスタンスラインを越えると82円台のレジスタンスラインへの上昇機会を得る

(C) レジスタンスライン78円台前後の値動きに注意

 

 

[ 1カ月想定変動幅 ]

約6.06円(1ヶ月)のレンジの範囲内で上・下する状況です

  • X = (前月の始値・高値・安値)+6.06円=最大上限値
  • X = (前月の始値・高値・安値)-6.06円=最大下限値

現在の想定変動幅 = 週足・月足の始値・高値・安値から、約6.23円(ボラティリティ)

※ ボラティリティの使い方・・・→ 始値・高値・安値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す