豪ドル見通し 2016年4月13日

市場動向

原油価格が大幅に上昇し、3月21日の高値を超えて、金融市場では投資選好が徐々に強まり、主要通貨は円に対して上昇する展開となっています。

 

本日の予定

(豪) ウエストパック消費者信頼感指数
(中) 3月中国貿易収支(米ドル/人民元)
(欧) 2月ユーロ圏鉱工業生産
(南) 2月南アフリカ小売売上高
(米) 3月米小売売上高
(米) 3月米生産者物価指数(PPI)

 

 

短期分析

[ 想定範囲:2時間~24時間 ]
[ 予想トレンド ]・・・→ やや上昇

・ サポートライン : 83円前半 / 82円半ば
・ レジスタンスライン : 83円後半 / 84円後半

(A) トサポートラインを維持しながらラインに沿ったトレンド継続を見ていく状況

(B) サポートラインとレジスタンスラインの間でジグザグした値動きへ

(C) 日足分析とトレンドが一致すると、上昇トレンドは継続的な方向へ

 

 

日足分析

[ 想定範囲:2日~2週間 ]
[ 予想トレンド ] ・・・→ 中立

・ サポートライン : 80円台 / 78円台
レジスタンスライン : 85円台 / 88円台

(A) ゆるやかにサポートラインまで下落の可能性があり

(B) 一時的に上昇(戻し)する展開後、ゆるやかな再下落の可能性が高い

(C) サポートライン80円台へ到達するか争点へ

 

 

[ 1カ月想定変動幅 ]

約5.58円(1ヶ月)のレンジの範囲内で上・下する状況です
X = (前月の始値・高値・安値)+5.58円=最大上限値
X = (前月の始値・高値・安値)-5.58円=最大下限値

現在の想定変動幅 = 週足・月足の始値・高値・安値から、約5.58円(ボラティリティ)

※ ボラティリティの使い方・・・→ 始値・高値・安値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

テクニカル分析Ver2_2016年4月13日

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す