豪ドル見通し 2015年12月18日

本日の予定
(日) 日銀金融政策決定会合

 

 

短期分析
[ 想定範囲:2時間~12時間 ]
[ 予想トレンド ]・・・→ 中立

(A) 86円半ば / 85円後半にサポートラインがあり

(B) 88円前半 / 88円後半にレジスタンスラインがあり

(C-1) 86円半ば~88前半の間は中立的状況へ

(C-2) 中立トレンドのため値動きはサポートラインとレジスタンスラインを越えた方向を進む可能性が高くなる

(C-3) 85円後半到達で下落トレンド発生の可能性があり
 SBIFXトレード
 ・「少額から始める長期投資」 「初めての取引実践
  など目的に合ったゆったり外貨運用へ!

 ・「スワップポイントは業界No1
  豪ドル/南アフリカランド/人民元 向けに最適

 

 

日足分析
[ 想定範囲:1日~1週間 ]
[ 予想トレンド ] ・・・→ 中立

(A) 85円台 / 81円台にサポートラインがあり

(B) 91円台 / 93円台にレジスタンスラインがあり

(C-1) 90円台~85円台は中立トレンドへ

(C-2) レジスタンスライン以下まで上昇(戻し)後、サポートラインまで下落し、再度レジスタンスラインまで上昇する値動きへ

(C-3) 中立トレンド中のエントリーはレジスタンスライン以下、サポートライン以上で有効へ

 SBIFXトレード
 ・「少額から始める長期投資」 「初めての取引実践
  など目的に合ったゆったり外貨運用へ!

 ・「スワップポイントは業界No1
  豪ドル/南アフリカランド/人民元 向けに最適

 

 

[ 1カ月想定変動幅 ]
約4.95円(1ヶ月)のレンジの範囲内で上・下する状況です
・X = (始値・高値・安値)+4.95円=最大上限値
・X = (始値・高値・安値)-4.95円=最大下限値

現在の想定変動幅 = 週足・月足の始値・高値・安値から、約4.95円(ボラティリティ)

※ ボラティリティの使い方・・・→ 始値・高値・安値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

テクニカル分析2015年12月18日

コメントを残す