豪サービス産業指数(PSI)【9月】

PSI2015年10月05日■豪サービス産業指数(PSI)【9月】
[ 結果 ] 52.3 (-3.4ポイント低下)
[ 前回 ] 55.7

前回数値より、3.4ポイント低下しましたが拡大と縮小を示す、中間点50.0ポイントを 2.3ポイント上回り拡大傾向にあります。

 

 

■売上は新規受注は4ヶ月連続で50.0ポイント以上を越えて拡大傾向が続いています。
一方で、売上は58.5ポイントへ、新規受注は51.8ポイントへと【8月】よりも低下していますので、成長ペースは低下しています。

 

 

■豪経済
オーストラリアでは豪サービス産業(非製造業)は顕著に推移している反面、豪工業指数(PMI)は低下傾向を強めています。
これは、資源価格の下落により資源産業を含む工業産業が減速していることから、豪サービス産業(非製造業)とは相反する状況です。
豪サービス産業(非製造業)は豪準備銀行(RBA)による低金利政策が大きく影響しており、低金利による消費マインドを後押ししていること予想されます。
(政策金利→低金利→資金を借入れ易い→家計→経済活動→促進→小売セクター→拡大)
(低金利政策→経済活動促進→消費量→増減→企業の物の供給量→影響→企業収益→影響→雇用と消費が更に増減→消費者物価指数と景気の→サイクル)

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す