米雇用統計【2016年3月期】

米新規雇用者数2016年4月1日

米雇用統計【3月期】

[ 非農業部門雇用者数 ]
+21.5万人   評価:ニュートラル
(前回数値:+24.2万人 / 事前予想:+20.5万人)
※ 前回数値24.5万人へ上方修正

[ 失業率 ]
+5.0%    評価:ややネガティブ
(前回数値:4.9% / 事前予想:4.9%)

[ 平均時給 ]
$25.43(前年比+2.3%増加 / 前月比+0.3%増加)
評価:ややポジティブ

 

 

不安定要素(製造業セクター)

[ 製造業セクター雇用者数 ] 29,000人減少
[ 鉱業セクター雇用者数 ] 12,000人減少

これは、新規雇用者数は21.5万人増加していますが、アメリカの製造業/鉱業のセクターで雇用者数は減少していることを示しているため、製造業や鉱業から生み出される経済価値の減少に影響すると予想されます。
(製造業/鉱業→雇用者数→減少→製造業企業/鉱業企業→収益悪化→人件費削減→雇用者数→減少→製造業/鉱業から生み出される経済価値→減少と予想される)

 

 

通貨への影響

米雇用統計発表後、主要通貨は下落する展開となりました。製造業/鉱業の雇用者数の減少がハイライトされ、主要通貨は下落しています。
NYダウは100ドル以上下落、豪ドルも1円以上と急落しています。主要通貨は急落する展開となっています。
豪ドルは、米雇用統計の結果を受けてやや上向きの上昇トレンドから、トレンドの転換に注意が必要な状況へと変化しています。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す