米ドル円チャートで値動きを確認 2015年12月24日

2015年12月24日

■米ドル円チャートで値動きを確認
米ドル円は2011年1月にレジスタンスライン(C)を越えた時点で上昇トレンドへ転換しました。
レジスタンスライン(B)の2007年6月の高値125円まで上昇したところで、急激な上昇は終息し、下落への可能性が予想されます。
月足でサポートライン(A)を割り込んだ時点で鮮明に下落トレンドが発生し、100円前後への下落の可能性が示されます。

 

■下落の可能を数値で表すと
125円(レジスタンスライン(B)の高値) - 75円(レジスタンスライン(C)近辺の史上最安値) = 50円
50円 ÷ 2(半値戻し) = 25円
125円 -25円 = 100円前後

長期トレンド(1年以上のスパン)では、レジスタンスライン(D)を越えた時点で長期上昇トレンドへと転換しており、過去につけた円高75円や90円台への下落は予想されにくく、実際の値動きは現在の月足200日線の値105円前後への下落を想定する必要があります。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す