欧州株価指数下落 2016年9月12日

%e6%a0%aa%e4%be%a12016%e5%b9%b49%e6%9c%8812%e6%97%a5

[ ユーロストック50指数 ]
 (-61.48€ 下落 : -2.01%)

[ S&P ヨーロッパ350指数 ]
 (-24.19€ 下落 : -1.91%)

[ NYダウ ]
 9月9日 18251ドル
 (-394ドル下落 : −2.13%)

 

 

 

株価下落と投資後退

9月9日にはNYダウが大幅に下落し、週明けの本日は欧州株価指数(ユーロストック50指数/S&P ヨーロッパ350指数)も大幅に下落しています。
金融市場は年内米利上げを意識して、リスク回避から主要株価の下落が進んでいます。これは、米利上げを年内に織り込み始め、米利上げは金融市場から投資資金を吸い上げるため、株式市場に投資されていた市場の貨幣量が減少します。
このことから、株式市場は大幅に下落しリスク選好が後退しています。

投資選好後退は投機的マネーの投資縮小を表し、今まで投資されていた資金が撤退することを意味していますので、通貨へ投資されていた円売り主要通貨買いの投機的マネーもポジションが解消され主要通貨売り円買いの展開が表れる場面が増えると予想されます。
投資選好リスクの後退は、為替市場でも投資心理を低下させるため、主要通貨を売却し円買いへと資金移動が進む値動きとなっています。
(投資選好→後退→替市場→主要通貨→投資選好→低下→豪ドル下落に影響する)

 

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す