欧州株価指数上昇続く 2016年6月23日

Brexit2016年6月23日

欧州株価指数

イギリスがEU(ヨーロッパ連合)から残留か離脱かの賛否を問う国民投票を控えて、欧州株式市場が上昇しています。
欧州の株式動向を示す、ストックス欧州600指数やユーロストック50指数は、6月17日の欧州市場から上昇が続き、この値動きに合わせて主要通貨は一旦下落が終息し、17日から小幅上昇が続いています。
イギリスのEU(ヨーロッパ連合)から残留か離脱かの賛否を問う国民投票を数時間後に控え、欧州株価指数が上昇を続けているため、金融市場では残留支持への観測から期待感が強まり、投資選好(リスク選好)が優先され、投資資金が株式市場や主要通貨買いへと動いています。
※ 残留/離脱の選挙結果は分かりませんが、現時点では残留への期待が強いため欧州株価指数上昇に反映されています

 

 

EU残留の影響

イギリスが国民投票で英国のEU(欧州連合)からの離脱は、ポンドは最大20%下落、来年の経済成長率は最大1.5%低下するとの予想されています。
逆に、イギリスがEU(欧州連合)に残留すると、イギリスから発生する経済減速を回避することができるため、主要株価や先週まで一旦主要通貨買い(ロング)のポジションを解消(利益確定)し下落した主要通貨の買い戻しが進む展開が見られます。

 

 

イギリス国民投票スケジュール(日本時間)

投票開始 : 6月23日(木)15:00
投票終了 : 6月24日(金)6:00
結果判明 : 6月24日(金)昼前後

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す