日経平均株価 / ハンセン指数大幅に下落

2015年9月29日

■主要株式市場大幅下落
[ 日経平均株価 ]
 現在値:17,085円
  (559円下落 : -3.17%下落)
  2015年1月以来の安値を更新

 

[ ハンセン中国企業株指数 ](主要50銘柄を時価総額加重平均で算出した株価指数)
  現在値:20,430ポイント
  (748ポイント下落 : -3.53%)

[ NYダウ ]
 終値:16,001ドル
  (312ドル下落 : -1.92%下落)

 

 

■日経平均株価500円を超す大幅下落へ
NYダウ株式の下落や中国経済指標の悪化、更に年内米政策金利引き上げ観測が強まり、主要な株価は下落しています。
昨日公表された、INF(国際通貨基金)世界経済見通しで 「世界経済見通しの下方修正の可能性」 への言及も強く影響していると予想されます。
特に、IMF(国際通貨基金)世界経済見通しでは、資源輸出国や新興国への経済減速圧力が強く強調され、南アフリカランドは2008年10月以来の安値を更新しています。

(米政策金利引き上げ → 観測 → 市中の貨幣量 → 減少する → 株式への投資貨幣量も → 減少 → NYダウ → 下落を先行的に織り込む)
(IMF → 世界経済→減速傾向 → 言及→ 株価下落→ 投資資金 → リスク選好から → 後退の現れ → 他の株式市場 → 投資されていた資金 → 流出 → 株価下落へ) 

※ IMF(国際通貨基金)世界経済見通し【10月】 

 

 

■株価と投資心理
株価の大幅な下落は投資心理を後退させますので、為替市場でも投資心理が大きく低下し、米ドルや豪ドルを売却し円買いへと資金移動が進む値動きへとなります。
(株価大幅→下落→替市場→主要通貨→売却→強まる→下落→投資選好→低下→豪ドル下落に影響する)
特に、豪ドルは主要通貨で最大の下落率となっています。
今点から、NY市場では投資資金の流れが非常に大きく、急激な変動が発生することを現しています。

 

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す