日経平均株価/ハンセン指数大幅 2016年1月4日

主要株価2016年1月4日

■主要株式市場大幅下落
[ 日経平均株価 ]
 現在値:18,514円
  (518円下落 : -2.73%下落)
  ※ 2015年10月22日以来の安値を更新

[ ハンセン中国企業株指数 ](主要50銘柄を時価総額加重平均で算出した株価指数)
  現在値:20,405ポイント
  (509ポイント下落: -2.32%)

[ NYダウ ]
 終値:17,425ドル
  (178ドル下落 : -1.02%下落)
  ※ 2015年12月31日の終値

 

 

■主要株価下落の背景
中国経済指標(中国PMI)の悪化や2015年12月31日のNYダウ株式の下落から、日経平均株価やハンセン株価指数が大幅に下落しています。
更に、本日発表された、中国経済指標 Caixin 中国製造業PMI【12月】(マークイット:民間調査) も前回数値と事前予想を下回り、中国の株価(ハンセン株価指数/上海総合指数)が下落する展開となっています。

 

 

■通貨への影響
株価の大幅な下落は投資心理を後退させますので、為替市場でも投資心理が大きく低下し、米ドルや豪ドルを売却し円買いへと資金移動が進む値動きへとなります。
(株価大幅→下落→替市場→主要通貨→売却→強まる→下落→投資選好→後退→豪ドル下落に影響する)
特に、豪ドルは主要通貨で大きな下落率となっています。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す